腰椎椎間板ヘルニアの治療中は上半身の負担を避ける

関節破壊阻止する専門治療

ベッド

内科治療で寛解も可能に

手足を中心とした関節に強い痛みや変形が起きる関節リウマチは、およそ100人に1人の確率で発症します。全国には100万人を超える患者がいると見られており、人口約90万人の世田谷区では1万人近い患者数が推定されます。女性は男性の4倍も多いのがこの病気の特徴です。高齢女性に多いイメージもありますが、20代から50代での発症も少なくありません。従来は発症メカニズムがわかっていなかったため、治療は関節再建など整形外科で行なうのが普通でした。現在では関節リウマチも自己免疫疾患だということが判明しています。免疫機構が自分自身の関節を攻撃し、破骨細胞が優勢となることで関節が痛んだり破壊されたりするのです。それも過剰な免疫反応を抑える内科的治療によって、症状を解消させることが可能となりました。関節リウマチ患者のおよそ8割で効果が認められているのは、メトトレキサートという薬です。これはもともと白血病など血液がんの治療に使われていた抗がん剤の一種で、リンパ球増殖を抑えることで関節への攻撃を弱めます。こうした最新治療が受けられるクリニックが世田谷区内にも増えており、関節リウマチ患者の人気を呼んでいるのです。

朝の関節強張りが前兆

関節リウマチを放置していると痛みが悪化し、関節の破壊も進んでしまいます。この病気には前兆も表れますから、関節の異常に日頃から注意していることが早期治療につながります。関節リウマチの初期には、朝起きた直後から手の関節に強張りが見られます。この時点ではまだ痛みはありませんが、関節が動かしにくくなるため生活に支障が出る場合もあるのです。こうした症状も午後には解消しますが、症状が進行してくると強張りの時間が長くなります。やがて関節に痛みが生じるようになり、本格的な発症へと移行するのです。関節リウマチは早い段階で治療を開始するほど治療効果が高くなります。かつては関節破壊へと進行するのを抑えることができませんでしたが、前述の薬によって症状を食い止めることは可能です。世田谷区内にはリウマチを専門に扱うクリニックも多くあります。こうした専門の医療機関ではリウマチ治療のノウハウが蓄積されているため、患者さんの体質に合わせて適切な薬を選んでくれます。メトトレキサートが効かない場合でも、他に多くの生物学的製剤があります。世田谷区内で関節リウマチの治療を受ける際には、そうした専門外来を選ぶといいでしょう。