腰椎椎間板ヘルニアの治療中は上半身の負担を避ける

放置すると危険なことも

病室

切らずに治療も可能に

脳動静脈奇形は先天性の病気であり、母親の胎内にいる時に脳の血管が形成される際に何らかの原因によって正常に形成されない病気です。正常な血管と違って破れやすく脳内出血を起こしやすいという特徴があります。そんな脳動静脈奇形の治療方法として行われているのがガンマナイフによる治療です。ガンマナイフは放射線を使った治療法であり、開頭手術をしなくても治療することが出来るという特徴があります。他の治療法では難しいという場合にも行えることもあり、治療はわずか1日で済んでしまうということで日常生活にほとんど影響を与えることがなく治療出来るとして人気があります。入院は必要になりますが、長くても2〜3日程度で退院することが出来ます。

外科的手術や血管内治療も

生活への影響がとても少ないということで脳動静脈奇形の治療にはガンマナイフを使われることがありますが、その他にも脳動静脈奇形の治療方法はあります。開頭手術は体への負担もありますが、血管を直接摘出することでより確実な治療効果を期待することが出来ます。また、切らずに行う治療法としてガンマナイフが一般的ですが切らずに行う治療法としては血管内治療という方法もあります。足の付根からカテーテルを挿入して治療する方法であり、全ての脳動静脈奇形の治療を行えるというわけではありませんが体への負担が少ない治療法となっています。それぞれの治療法にメリットがあるので、医師と相談して一つの治療法かあるいは複数の治療を行うのが大切です。