腰椎椎間板ヘルニアの治療中は上半身の負担を避ける

関節破壊阻止する専門治療

ベッド

関節リウマチは世田谷区内に1万人近い患者がいると推定されます。現在は効果の高い薬による内科治療により寛解も可能になりました。最新治療を受けられるクリニックは世田谷区内でも人気を呼んでいます。朝の関節強張りは関節リウマチの前兆ですので、症状が疑われたらリウマチ専門外来を受診するといいでしょう。

もっと見る

グリオーマと放射線治療

看護師と患者

グリオーマは脳腫瘍の中でも最も治療率が低い病気です。周りんお細胞にしみこむように広がっていくため、手術で完全に取り除くことが難しく再発率がとても高いです。その為、手術後に放射線治療が用いられます。ホウ素中性子捕捉療法と呼ばれる新たな放射線治療がとても注目されています。

もっと見る

放置すると危険なことも

病室

脳動静脈奇形の治療法の中でも、ガンマナイフは開頭手術を行わずに治療出来るとして体への負担も少なく日常生活に与える影響も最小限に済ませられるとして人気があります。脳動静脈奇形の治療法としては他にも開頭手術や血管内治療などがあるので、医師と相談して適切な治療法を選択するのが大切です。

もっと見る

腰の椎間板ヘルニア

腰痛

原因と主な症状

腰椎椎間板ヘルニアとは、いわゆる椎間板ヘルニアのことです。椎間板は腰椎以外にもあり、よって、腰椎以外でも椎間板ヘルニアを発症する可能性はあるのですが、発症数は断然、腰椎が多くなっています。従って、椎間板ヘルニアというと、腰椎椎間板ヘルニアのことを指すことが一般的になっています。どうして腰椎で椎間板ヘルニアを発症しやすいのかというと、腰椎は脊柱の中で最も上半身の荷重が大きいからです。その上、可動も大きいので椎間板に障害が起こりやすいのです。比較的若い年齢のうちに発症する人が多く、20歳代で発症する人も多くいるのが腰椎椎間板ヘルニアの特徴として挙げられます。腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は腰痛、及び足の痛み、しびれです。足の症状は多くの場合、片足だけに発生し、電気が走るような痛み、しびれが発生します。この痛み、しびれは坐骨神経痛と呼ばれるものです。

日常生活にも注意

治療は症状が重い場合は手術を行うこともありますが、通常は保存的治療を行います。具体的には症状を和らげる薬を服用し、それで効果がなければ、ブロック療法を行います。また、腰にコルセットを装着することもあります。これらの治療を施せば、大方、3カ月以内に症状は改善します。但し、これらの治療に頼るだけではなく、自らも日常生活において改善に努める必要があります。まずは姿勢です。立っている時、座っている時、歩いている時、あらゆる時に背筋を伸ばす意識を持つことが重要です。重いものを床から持ち上げるときは、腰を曲げるのではなく、一旦しゃがみ、全身を使って持ち上げます。また、筋トレやストレッチも有効です。但し、間違ったやり方をすると症状が悪化してしまうので、専門家の指導を受けることが賢明です。